近年お金を稼ぐということに対して様々な捉え方があるように思います。

高齢者1人当たり3千万円あるお金の一部を貧困層に回す術

お金を稼ぐことの捉え方

近年お金を稼ぐということに対して様々な捉え方があるように思います。といっても一概にみんながそういう捉え方かと言えば誤解や語弊を招くこともあるだろう、それに年齢やその人の生活状況であったりと言うことも加味していえばまとめることは非常に難しいことです。なので、今回はその幅を一般的な若者ぐらいの捉え方として私の意見を話したいと思います。

例えば、先を見据えて正社員としての登用で収入としては満足に稼げなくてもいい(もちろん収入として申し分ないものもある)と考える者もいれば、複数のアルバイトや稼ぎのいいアルバイトで今の稼ぎが良ければいいという者もいます。他にも、楽にお金を稼げれば1番だと思うのは誰しもがそうだろう、しかし、世の中そうゆうわけにもいかず、楽に稼げることなどほとんどないに等しいです。それにここ数年就職する若者というとゆとり世代の若者たちです。そこでまたさらに働く、お金を稼ぐということに対して捉え方は様々です。ここ何十年でネットビジネスなど自分の力だけで稼ぐこともできるようになってきました。ゆとり世代の若者は上司に怒られることが嫌だ、など怒られ慣れていないことも多く、アルバイトにしろ正社員にしろ嫌なことや、我慢できないことがあるとすぐ辞めてしまったりとお金を稼ぐという前提が薄れてきてしまっているように思えます。これが良いことなのか悪いことなのか判断はつかないが、世代によっても性別によってもお金を稼ぐことに対しての捉え方が変わってきているのでしょう。

おすすめ情報